富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

自然塾敷地内~12月編その2~

お帰りと言いたくなる

写真の鳥はツグミ。

冬には毎日のように会える鳥ですが、夏の間は出会えない冬鳥の一つ。

地上をとことこと歩く姿がとても愛らしい鳥。

自然塾周辺では、芝生の広場周辺でよく見られます。

今年もツグミが見られる季節がやってきました。

お帰りなさいと言いたくなりますね。

ぜひ探してみてくださいね!

小田貫湿原~12月編その2~

寒さゆえの景色

真冬。田貫湖周りの早朝は氷点下に達します。

時には路面凍結し、冬タイヤでないと小田貫湿原に

行くことが出来なくなるほど。

でも、その寒い小田貫湿原だからこそ出会える景色があります。

早朝には霜が降り、その霜を太陽が照らし輝きます。

こんな美しい景色が見られるなら、多少寒くても

景色を見に来る価値がありますね♪

小田貫湿原~12月編~

野鳥観察に最適!

 

冬になると木々の葉が落ちて景色がさみしく感じてしまいます。

しかし!だからこそ楽しくなることがあります。

それは、野鳥観察!

葉が落ちたことによって、木にとまっている野鳥を観察しやすいのです。

この日はコジュケイに出会うことが出来ました。

お散歩の際には、野鳥を探しながらお散歩を楽しまれてはいかがですか?

田貫湖畔~12月編~

のぞき見

冬に田貫湖へやってくるカワアイサ。

群れで行動していた彼らですが、みんなで水中を覗いていました。

いったい何を探しているの?

カワアイサは普段魚を食べているので、

もしかしたら魚を探しているのでしょうか?

カワアイサが見られるのは冬の間だけです!

ぜひ田貫湖で探してみてください♪

自然塾敷地内 ~12月編~

足元に注目!

紅葉が日に日に散っていきます。

散った木の下を見ると、モミジのじゅうたんが出来上がっています。

少し前までは頭上で楽しんでいましたが、

次は足元に素敵な景色が広がっています。

足元にも注目してお散歩をお楽しみください!

小田貫湿原~11月編~

耐える

小さな命が寒さに耐えていました。

このトンボはヒメアカネだと思われます。

朝露で身体はびっしょり。

太陽の光に当たり、体が乾くのを待っているのでしょうか。

ただひたすらに寒さに耐えるトンボの姿に感動しました。

自然塾敷地内 ~10月編~

もしかして、戦略?

 

ハチだ!逃げろ!

この虫を見つけた人がよく言うセリフです。

確かに近づくとブンブンと羽音を響かせながら

飛び回っています。

でもハチの仲間ではなく、ガの仲間。

彼らからすると、怖い存在の人間が離れていく分、

ハチに間違われてもいいかもしれませんね♪

田貫湖畔~10月編~

季節の変わり目

本格的に秋になりましたね。

昼と夜とで気温差が大きく、体がついていけません。

それは生き物たちも同じ。

戸惑っている生き物も多くいます。

田貫湖周りでは、マメザクラが季節を勘違いし、

狂い咲きしていました。

植物が開花時期を間違えてしまうほどの気温差。

みなさん体調管理には十分お気を付けくださいね。

小田貫湿原~10月編~

冬が待ち遠しい!

 

ニィー、ニィー。

木の上から鳴き声が聞こえ、ふと見上げると

可愛らしいコゲラに出会うことが出来ました。

でも葉っぱが多くなかなか観察することが出来ない…

バードウォッチングは冬によく行われますが、

それは木々の葉が落ち、野鳥を観察しやすくなるからです。

冬の野鳥観察が既に楽しみです!

自然塾敷地内~9月編その2~

犯人は誰?

木道を歩いていると、何やら若いどんぐりの皮が落ちている。

踏まれたわけではなさそうです。

これは、とある生き物が中身を食べた後。

その犯人は、ムササビ!

食べた痕のような生き物がいた痕跡を

“フィールドサイン”と言います。

もし森の中でこのようなドングリを見つけたら、

もしかしたらその森にはムササビが棲んでいるかもしれませんね!

ぜひ森歩きや登山の際には探してみてください♪

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 49ページ中5ページ目